これはVIO脱毛に限った事ではないのですが物事には良いことと、よくないことがつきものです。脱毛に関する相談が消費生活センター、国民生活センター等に多く寄せられています。後は相談窓口としては業界団体の日本エステティック振興協議会という業界団体が相談を受け付けています。

よくある相談内容を書いてみますと、まずはしつこい勧誘で無理にローンを組まされた、そして高額な化粧品や機器を買わされたというものです。無料体験と言って、半端に脱毛するという悪質なパターンもあります。これは明らかに商業契約上の問題ですので、上記の相談窓口だけではなく、法テラス等に相談してもいいでしょう。法の問題です。

また、施術者の知識不足で、熱傷が起きたり、皮膚に異変が起きてしまうことも全くないとは言えません。サロンの中には、提携医療機関があって、そこで治療し費用を全額負担してくれるところもあります。

しかし、そういうことがない場合は、まずは皮膚科に行って明らかにVIO脱毛によってその異変が起きたということを証明する診断書などとっておいて相談窓口に行きましょう。 後はスタッフの対応が良くないというのは美容業界ではあることです。その場合、多くの場合は苦情窓口がありますのでそこに相談しましょう。スタッフはそのサロンやクリニックの質を示す一種の商品です。その対応が良くない場所に皆様の大事な身体を預けてはいけません。気持ちよくVIO脱毛に通えるといいですね。